遠くの人にも見てもらえる広告

見やすい広告を作成すること

紙の広告は、作っても近所にしか配布できません。
また配布するために人件費が掛かるので、別の方法を考えましょう。
遠くまで情報を届け、さらに人件費を削減したいなら、ネット用の広告を作るのが良い方法です。
ネットの広告なら誰でも見られますし、クリックすると会社のホームページに移動します。
ですから、お客さんの興味を惹きやすいと覚えておきましょう。

しかし何をしている会社なのか一目でわからないと、お客さんは不審に思ってしまいます。
当然クリックしてもらえず、スルーされるので気を付けてください。
そこで商品やサービスの写真、イラストを用意すると良いですね。
すると見ただけで会社が提供しているものがわかり、興味を持つ人が増えます。

キャッチコピーを考えよう

さらに商品やサービスを説明する文章も、広告に記載してください。
この時は、長文にならないように工夫しましょう。
長い文章だと読む気が失せますし、そもそもネット用の広告はサイズが小さいです。
ですから長文だと文字が小さくなり、読みにくくなってしまいます。

大勢に人に見てもらえる広告にするなら、文章は必要最低限に留めましょう。
おすすめは、キャッチコピーを考えることです。
商品やサービスの特徴を捉えており、内容がすぐにわかるキャッチコピーあれば、お客さんの興味を惹けます。
さらに覚えやすいキャッチコピーだと、お客さんの間で話題になります。
流行語になることを目標に、覚えやすくてわかりやすいキャッチコピーを考えてください。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ